知っているようで知らない湿布薬の正しい知識

ハップ剤 プラスター剤

こんにちは、ノブです。

モーラステープで起こる光線過敏症の記事はわりと読んでくれる人が多かったので、意外に湿布薬の使い方は知られていないんだ、と感じました。

湿布薬って、普段、あまりにも気軽に使っているので、逆に注意を払わないんですよね。

僕も貼ったのを忘れて翌日まで貼りっぱなしだったことがよくあります。

でも、あまり無造作に使っていると肌が荒れて貼れなくなってしまったりするんですよね。

そこで、われわれ中高年にとっては無くてはならないアイテムといえる湿布薬について、あらためて正しい使い方をまとめてみました。

ハップ剤とプラスター剤の違いを知ってますか?

湿布 モーラステープ

病院で湿布薬を処方されたり、あるいは薬局で購入する時にいくつかのタイプに分かれています。

同じ打ち身や腰痛に使用するものなのに、病院によって渡される湿布薬のタイプが全然違っていたりすることがあります。

違いがはっきりしているのが、湿布剤の厚み。

厚みのある湿布薬は重みもあって貼り付け面がプルプルした感じ。実際に貼るとひんやりして気持ちいいんですよね。

それに対して最近増えているのがペラペラのテープタイプの湿布薬。貼った時のひんやり感はほとんどありません。

厚みのあるタイプをハップ剤薄いタイプをプラスター剤(あるいはテープ剤)といいます。

両者の違いは湿布薬に含まれている水分の量で、ハップ剤には水分が含まれ、プラスター剤には含まれていません。

ハップ剤で、この水分が含まれていると何の役に立つのか?

それは貼った時のひんやり感でわかるように患部を冷やすのに適しているのです。

湿布薬が手元にない時にとりあえず濡れタオルで冷やしますよね。あれと同じ効果です。

時間とともに水分が蒸発するので、それにともなって気化熱が奪われることによる冷却効果もあります。

冷えることで痛みが軽減されますし、消炎効果も期待できます。

プラスター剤にはこのような効果は全くありません。

なので、全く同じ成分の湿布薬でも痛めてすぐはハップ剤タイプの方が適しているといえます。

冷湿布と温湿布をどう使い分ける?

トウガラシエキス

湿布薬にはハップ剤とプラスター剤の違いと別に、冷湿布と温湿布の違いがあります。

この使い分けは知っていますか?

これは単純に急性には冷湿布慢性には温湿布と覚えてください。

急性とは打ち身や捻挫などのように受傷してすぐのことで、患部に熱を持っていたり、腫れがあります。そのため熱を下げるタイプの冷湿布が適しています。

慢性とは患部の熱や腫れはない状態で、腰痛や肩こりはこれにあたります。温めることで患部の血行を良くする温湿布が適しています。

消炎鎮痛成分の他に、冷湿布ではメントールなどが配合されていて患部にひんやり感を与え、温湿布ではトウガラシエキスなどが含まれていて患部がポカポカしてきます。

ハップ剤とプラスター剤の使い分けも加味すれば、基本の使い方としては、捻挫などで急性の炎症がある時には冷湿布のハップ剤腰痛のような慢性炎症の場合は温湿布のプラスター剤が適しているといえます。

最近よく使われるモーラステープなど、温感成分の入っていないプラスター剤も多いですね。

ただし、冷感・温感成分は「ひんやり気持ちいい」「あたたかい」と感じるだけで、実際には患部の温度はほとんど変わりません。

なので、ここに挙げたのはあくまでも基本的な使い分けであって、必ずしも守らないといけないわけではありません。

消炎鎮痛成分が湿布薬の効果の中心なので、温感冷感にそこまでこだわる必要はなく、ぶっちゃけどちらでも良いのです。

湿布薬にも使用上の注意がある

要注意

湿布薬は副作用がほとんど心配ないので安易に使いがちですが、いくつか気をつけないといけないことがあります。

有名なのはモーラステープによる光線過敏症。

太陽光だけは最低限注意してください。

他にも気をつけないといけないことは以下のようなものがあります。

  • 傷や湿疹のある部分、粘膜には貼らない・・・湿布薬の刺激で肌が荒れます
  • 貼ったところにかぶれやかゆみが出たら中止する・・・かぶれやすい人は湿布薬と皮膚の間にガーゼをはさむとかぶれにくくなります
  • アスピリン喘息の人は使えない湿布薬があります・・・喘息が起こります
  • 胃腸が荒れる・・・湿布薬でも薬剤が体内に吸収されるので胃腸が弱い人で副作用が出ることがあります

数多くはありませんが、湿布薬でもアスピリン喘息や胃腸が荒れるなど体に影響する副作用が出ることがありますので、該当する人は注意しましょう。

湿布薬を使う時のちょっとしたポイント

自宅で気軽に使えて、効果も十分感じられる湿布薬は中高年にとって手放せないアイテムです。

その効果をより発揮させるために次のようなポイントをおさえておきましょう。

6時間経ったらはがす

一度、湿布薬を貼ると、そのまま張りっぱなしになっていたりしませんか?

僕もよくやってしまうのですが、湿布薬の効果はせいぜい6時間くらいしか持ちません。それ以上貼っていても意味がありませんので、6時間経ったら剥がすようにしましょう。

そのまま貼っていても、効果がないのに肌に負担をかけるだけですからね。

続けて貼る時も、かぶれないようにしばらく肌を休めてから貼った方がいいです。

関節部分は切れ目を入れる

腰のようにわりと平面な部分に貼る時はしっかり貼れますし、あまり動かさない部分なのではがれてくることもありません。

でも、困るのは大判のハップ剤を肘や膝など関節部分に貼るときです。

関節の角度によっては湿布薬にどうしてもシワができてしまいます。かなり大きく動かす部分なので、はがれやすいですしね。

これらの関節部分に貼る時は、中央部分に2~3cmの切れ目を入れるといいです。

ちょうど肘の先端や膝頭の部分に切れ込みがあるとそこが広がるので、関節の動きをうまく吸収してくれてはがれにくくなります。

テープで留める

プラスター剤は粘着力があって軽いので普通に貼ってはがれることはほとんどありません。

ところがハップ剤は水分を含んでいる分、重い上に粘着力が弱いのではがれやすいです。

腰などではハップ剤でもそのまま貼って使えますが、関節などはがれやすいところに貼る時はテープで貼ってはがれないようにしましょう。

温湿布を使っている時はすぐに風呂に入らない

温湿布にはトウガラシエキスが含まれています。

肌への刺激があり、はがした後も30~60分は効果が持続するので、温湿布をはがして30~60分経ってからお風呂に入るようにしましょう。

まとめ

僕のような腰痛持ちには湿布薬は必ず常備しておきたい必須アイテムです。

副作用も少なく安心して使える頼もしい奴なのですが、最低限は守るべきポイントがあります。

僕も安易に使っているので、貼ったのを忘れてそのままお風呂に入ってしまったりすることがあります。

せっかくのアイテムも肌が荒れてしまうと貼ることができなくなってしまうので、ちょっと注意したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です