ライターなら時間に縛られず小遣い稼ぎ!文章がうまければ報酬アップ!

   

ライティング

こんにちは、ノブです。

この前はアフィリエイトという副業をご紹介しました。

アフィリエイトはネット関係に詳しいorネットが楽しい人にとっては、それほど苦ではない仕事なのですが、ネットがあまり得意でない人にとっては会員登録したりブログにバナーを貼り付けたり形になるまでがハードルが高いかもしれません。

けっして難しくはないのですが、サーバーを借りたりするのはもう少しハードルが高くなります。

アフィリエイトで躊躇してしまう人には、ただ文章を書くだけで仕事になるWebライターという副業はどうでしょう?

今回は小遣い稼ぎに向いているライターについてご紹介します。

ライターになるのに資格はいらない

ライターと聞くと僕らの世代は週刊誌などに記事を寄稿するルポライターを思い浮かべる人が多いでしょう。

ルポライターは地道な取材とすぐれた文章力が必要なので、「とても自分にライターが務まるとは思わない」と思う人がほとんどじゃないでしょうか?

でも、安心してください。

Webライターの仕事はそこまでのレベルを要求されることはありません。

一般にwebライターの仕事はクラウドソーシングサービスというライターと依頼主を結ぶ会社から得ることができます。

大企業から依頼されるようなライターの仕事はスキルが必要ですが、一般人から企業までいろんな依頼主からの仕事があります。

中には、この僕のサイトのような記事を依頼するものも多いのです。

僕の文章力でもできるくらいですから、普通にブログを書ける人なら誰でもできると言えます。

仕事内容は本当にいろいろですよ。

普通にブログの記事を書いてくれという依頼もあります。

ライターになるには資格は必要なく、クラウドソーシングサービスに登録すればすぐにでも仕事を始められます。

文章力が高い人は報酬が高くなる

誰でもできるライターといっても、一種の技術職ですから、スキルの高い人だと高報酬になります。

スキルの高い人とは文章力が高いのはもちろん、依頼主の求めている文章を納品できるかどうかにかかっています。

スキルを認められれば、初心者の何倍もの報酬を得ることも可能です。

クラウドソーシングの会社によって多少ちがいますが、単価の高い仕事では依頼主へ簡単なテスト文章を提出させて、応募者の中から文章力の高い人を選んで採用します。

また、最初にテストを受けて合格したら、上級ライターとして仕事を受けたりすることができるシステムを採用している会社もあります。

今は初心者レベルでもスキルアップすれば報酬もアップ

ブログレベルの記事では1文字あたり0.5円~1円だったりします。

それでも1000文字書けば500~1000円ですから、ちょっとした合間に書ければ、いいお小遣いになります。

僕のサイトの記事は2000文字以上、長いもので5000文字ありますから、このくらいの記事を書ければもっと稼げるわけです。

仕事の依頼をこなして、それなりに文章力を認められると、継続して仕事をしている依頼主からずっと書いてほしいと報酬アップを提示されることもあります。

また、最初は採用されなかった文章力が必要な仕事も、依頼を受けられるようになるかもしれません。

専門知識があっても報酬アップ

依頼される文章は、先ほど述べたようなブログの雑記のようなものから、専門的な知識を持っていないとなかなか書けないようなものまであります。

もし、これまでの仕事で培ってきた専門知識を活かせるような依頼があれば、高報酬を得ることもできます。

専門知識を持っていることを会社側が把握すれば、優先的にその分野の仕事を回してもらえたりします。

専門知識も特殊なものは必要ありません。依頼とマッチすればいいのです。

これまで事務仕事しかしてきていなくても、エクセルに詳しいとか、同僚の結婚事情、転職事情に詳しい、なんて知識も必要とされることもあるでしょう。

自宅で好きな時間に好きなだけ仕事ができる

空き時間

Webライターの大きなメリットは、納期さえ守ればいつ仕事をしてもいいということです。

時間に縛られることなく、空き時間や夜寝る前など、好きな時に書けばいいのです。

勤めている人にとって、したくても時間がないことが副業をはじめられない最大の理由でした。

ライターなら早い人なら1時間で2000文字くらい書くことができます。

スピードアップすればもっと書くことができますし、状況を見て仕事量を自由に増やしていくことができるのです。

大変だったら仕事量を減らせばいいし、一時的に休業したり、再開するのも自由です。

本業にしている人もいる

本職のライター

ライターをしているうちに才能が開花して、ガンガン稼いで、とうとうライターが本業になってしまった人もいます。

本業にしても、その人のレベルやどれだけ仕事を受けるかで収入はまちまちです。

中には数十万円も稼ぐ人もいるといいます。

ネットに慣れて、ライティングのスキルも上がってきたのなら、あらためてアフィリエイトに挑戦するのもありです。

実際、ライター上がりのアフィリエイトは珍しくありません。

まとめ

ライターはアフィリエイトと同様に年齢を問わず始められますし、時間や場所に制約されない副業に向いた仕事です。

まだ、アフィリエイトはハードルが高いと感じる人は、まず、ライターから初めて見るといいと思います。

文章力は普通に文が書ければ十分です。

僕もブログを書き始めた頃は、わかりにくい文章で、書くのに時間もすごくかかりました。

いまではだいぶ慣れて、この記事も1時間かからずに書いています。

書いてるうちにレベルは上がりますから心配する必要はありません。

あとは、老後のために一歩踏み出すかどうかですよ。



↓文章力に自信のある人はテストを受けて最初から高報酬を狙いましょう。


 - ライター